蜂の侵入に備えよう!~蜂の巣退治後にも使える対策方法~

住宅に潜む蜂の危険!家族を守るために蜂のことを知ろう! 
  
住宅に潜む蜂の危険!家族を守るために蜂のことを知ろう!

駐車場から蜂が室内などの場所へと入ってきた場合の対応

住宅や車の窓やドアを開閉した時に、まれに蜂が中へと入ってくることがあります。何も知らないとこのような時にパニックになってしまいます。こうしたアクシデントにもしっかりと対応出来るようにここで適切な対応を学んでおきましょう。

蜂が侵入してきた時にとるべき行動

大声をあげたり急に動いたりしない

蜂が住宅や車の中に入ってくると、刺されたくないあまりに声を上げたり、手で払うような行動したりとパニックになることでしょう。しかし、このような行動は蜂を刺激してしまうことになり、返って危険なのでやめましょう。

室内の場合は部屋の明かりを消して窓を開ける

蜂は明るいところへと飛んでいきます。ですので、蜂の侵入を確認したら、慌てずに室内の電気を消して窓を空けましょう。なかなか出ていかない場合は、安全な格好をして捕虫網で逃がしたり、殺虫剤を使って退治したりしましょう。

車内の場合は車を停めてドアを開け、蜂が出ていくのを待つ

車内に蜂が侵入してきた場合は、安全事故を起こさないように車を停めた状態でドアを開けて蜂が出ていくまで待ちます。車だと狭い空間なので慌てると思いますが、落ち着いて行動し早めにドアを空けることで刺されずに済みます。

住宅周辺から蜂を遠ざけるには

蜂は快適な場所を見つけて巣を作ります。そのため、一度生活に適した場所に巣を作ると、巣がなくなっても安全な場所と分かっているため再び巣を作ります。このことから、蜂の巣退治が完了した後は、蜂除け対策を行わなければいけません。

忌避剤や殺虫スプレーなどの虫よけグッズを活用しよう

殺虫剤

巣を作らせない対策は、蜂が寄ってこない環境を作ると良いです。蜂は環境が良くないと判断すると巣を作りません。巣が出来そうな場所や一度巣を作られた場所に虫よけグッズや殺虫スプレーを撒くだけで、蜂を寄せ付けない効果があります。

TOPボタン